Edge の「翻訳しますか?」を非表示にする 【Microsoft Edge】

Windows

Microsoft Edge の「英語 のページを翻訳しますか?」等のポップアップを非表示にする手順をまとめておきます。Edgeの翻訳をオフにする手順です。

環境: Windows 10、Microsoft Edge

背景

Microsoft Edge をデフォルトのまま使っていると、ウェブ検索で英語のサイトが表示されるたび、毎回、「英語 のページを翻訳しますか?」と書かれたポップアップが出ます。

英語のサイトでなくても、日本語のないリンクやソースコードのみが書かれたページでも、ポップアップが、毎回、出ます。

資料作成やプログラミングをしている最中に画面にポップアップが出ると邪魔です。
また、集中しているときにポップアップが出ると、自然な作業の流れが都度中断されて、集中が途切れることになってしまいます。
そこで、冒頭のポップアップを非表示にする手順をまとめておきます。

非表示にする手順

手順
① Microsoft Edge 画面右上の「…」、「設定」、「言語」を順次、クリックします。
② 「自分が読み取ることができない言語のページの翻訳を提案する」を「オフ」に変更します。

→ これで完了です。

なお、「自分が読み取ることができない言語のページ…と記載されていますが、英語は義務教育で習いますし、最近は英語ができる人も増えていますので、何かちょっと失礼な印象もありますね。ユーザの言語能力について書かれたような表現になっています。
ポップアップは、アクティブ画面を奪ったり、ユーザの作業領域を覆い隠したり、ユーザの自然な操作や集中を妨げるといった問題があると思います。個人情報の入力時やクレジットカードの支払時等の注意喚起のみに使用を限定するのが妥当だと思います。

まとめ

Microsoft Edge のポップアップを出さないようにする手順についてまとめました。

サイトやアプリのユーザーインターフェース設計の観点からは、ポップアップは、本来、ユーザの通常操作の中には入れるべきでないと思っています。

何でもないような内容ですが、リモートワークなどで資料作成やプログラミングなどに長時間集中する必要のある方はとくに、設定は必須です!

他にもちょっと煩わしいかなと思われる機能について、以下の関連リンクにまとめています。業務効率を上げたい方は参考にしてみてください。

関連リンク
・ 「Tabキーで予測候補を選択」を非表示にする
・ ウィンドウをドラッグしたとき他のウィンドウが最小化するのを止める方法

タイトルとURLをコピーしました