OpenCV の動作確認用サンプルコード 【Python & USB カメラ】

Python

Python 3 に OpenCV を設定したときの動作確認用のサンプルコードです。
USB カメラを接続して動作確認をします。

下記の環境1、2のいずれでも動作することを確認しています。

環境1:Windows 10 + Anaconda + Python 3
環境2:Raspberry Pi (Raspbian, Buster) + Python 3
いずれも、OpenCV インストール済み

背景

Python や OpenCV などのインストールを完了したら、動作確認が必要になります。
そこで、最もベーシックな動作確認として、USB カメラ/ウェブカメラを接続してライブ画像を表示するサンプルコードをまとめておきます。

Python、OpenCV、周辺機器の動作確認が、コピー&ペースト程度の最短手順でできるよう意図しています。

使い方

① 先に USB カメラ等を PC (または、ラズパイ)につなげておいてください。
② フォルダを作成して、その中に “python-opencv-test1.py” 等の名前のテキストを作ってください。
③ ②のテキストに下記のサンプルコードを貼りつけて保存してください。
④ コマンドプロンプトから、②のスクリプトを実行してください。(python python-opencv-test1.py + [enter] 等とする。)
⑤ ライブ画像の表示中、キーボードで [enter] キーか、[q] キーを押すと終了します。

サンプルコードの説明

・ 最初に import cv2 として、OpenCV をインポートします。
・ つぎに、USB カメラを起動します。
・ while 文で、カメラから1フレームずつ画像を呼び出します。
呼び出した画像はウィンドウに表示します。
・ キーイベントを常時モニタします。
キーイベントを取得して、[enter] か [q] キーが押された場合は、break して while 文を終了します。
・ 最後は、カメラとウィンドウの終了処理を行っています。

まとめ

Python で OpenCV を使う際のサンプルコードをまとめました。

なお、他にも Python 環境で OpenCV をインストールする手順など、以下の関連リンクににまとめています。もしも関心があるようでしたら、活用してみてください。

関連リンク
【Anaconda】 OpenCV がインストールできないとき:Windows 10 の場合
【Raspberry Pi 4】 初期設定のまとめ 【OpenCV】:Raspberry Pi の場合
【Python】 接続中のカメラ番号を抽出するサンプルコード 【Open CV】

サンプルコード: OpenCV でライブ画像を表示

import cv2
cap1 = cv2.VideoCapture(0)
if cap1.isOpened():
    flag1 = True 
else: 
    flag1 = False 

while flag1:
    result1, frame1 = cap1.read()
    if not result1:
        break  
    cv2.imshow('camera1', frame1)
    key1 = cv2.waitKey(1)
    if (key1 == 13) or (key1 == 113):
        break
cap1.release()
cv2.destroyWindow('camera1')

タイトルとURLをコピーしました