アップグレード後に 500 エラーが出たとき 【Linux】

Linux

WordPress を運用していて、CentOS を upgrade 等してサーバーを再起動したところ、500 エラーが出て、サイトにアクセスできなくなりました。復旧までの手順をまとめておきます。

環境: レンタルサーバー(ConoHa VPS)、CentOS、WordPress

現象

・ ウェブサーバーとして使用している CentOS 8.0 をアップデート、upgrade して、reboot しました。
・ その後、ブラウザからウェブサイトにアクセスしてみたところ、500エラーが出て、サイトが正常に表示されなくなりました。
・ WordPress の php だけが動いていないかのような挙動となっています。(他の php は動いている。)
・ プラグインのフォルダ名を変え、.htaccess の名前を変え、Apache を再起動しても、WordPress が動きません。

確認手順

① wp-config.php があるディレクトリに移動します。
# cd /var/www/   (例)

② wp-config.php のパーミッションを確認します。
# ls -alt

③ もし、wp-config.php の行(所有者、グループ)が root root になっていたら、apache apache になるように変更します。
# chown apache:apache wp-config.php
# ls -alt
# systemctl restart httpd

→ 完了です。

まとめ

サーバーの再起動時に 500 エラーが出たときの対処方法についてまとめました。
とはいえ、なぜ upgrade & reboot でパーミッションが変わったのでしょうか。それまで問題なく動いていたのですけれども。。

関連リンク
・ MySQL が起動しないとき 【Linux】
・ パーミッション関連でよく使うコマンド 【Linux】
・ “Error establishing a database connection” が表示されたとき【Linux】
・  “500 internal server error” が表示されたとき 【Linux】

タイトルとURLをコピーしました