テレワーク時の肩こりを改善する 【レポート】

トピックス

テレワーク(在宅ワーク)でおすすめの必須アイテム、クッションマッサージャーについてレポートします。

背景

リモートワーク向けのおすすめについてネット検索をすると、デスクやチェアなどが出てきます。
広告を出す側の意図が反映されているのか、自分が共感する製品、使いたいと思う製品は、なぜか、なかなか見つかりません。
そこで、一押しの必須アイテムについてレポートします。

リモートワーク必須アイテム:クッションマッサージャー

必須アイテムとして一推しなのは、クッションマッサージャーです。
中でもオムロンがおすすめです。

オムロンのクッションマッサージャー HTM-350BW
・ 購入時の価格:\6,000円台 価格は変動しています。
関心のある方はリンク先で確認をしてください。

色違いのものがあり、色によって価格が変動しています! 

リモートワークで肩こりが悪化!

テレワークが続くと、自宅にいる時間、椅子に座っている時間が長くなります。
会議もすべて椅子に腰かけている状態が続きます。歩くことも減ります。
資料作成やプログラミングなどを午前や午後、3~4時間も続けると、肩こりがとんでもなく進行し、悪化します。(激痛です。特に右の肩など、ひどくなります。)

使い方

① ベッドに常設しておきます。
② 椅子にずっと座っていて肩が凝ってきたら、ベッドに寝転がってマッサージです。
(5分くらい? 昼休みなら15分など。)
※ このようなときは、すぐに寝転がってマッサージをしたほうがよいです。
※ 夜、寝る前もマッサージです。15分ほどで自動で停止するようになっています。電源の切り忘れなどを気にする必要もなく、そのまま寝てしまっても安心です。

導入効果 & 使用感

・ マッサージの強さは強めですが、強めでちょうどよいです。完全に気分転換になります。
・ 右肩、左肩、背骨近くなど肩こりがひどい箇所で集中的に使うことになります。
・ 翌日の肩の軽さが明らかに違います。これで \6,000 前後というのは安いと思います。
リモートワークが増えているとき、導入効果が大きいです。

・ 選択のポイントの詳細
実は、この製品を買う前に、ル〇〇という製品を買っていました。しかし、短期間で電源ケーブルの付け根部分が断線して動かなくなりました。
分解してみると、ケーブルが直接内部の電気回路にはんだ付けされた構造となっていました。ケーブルを引っ張ると、張力が直接内部の電気基板に伝わるようになっています。本来なら、ケーブルの途中にストッパをいれるか結ぶかして、外部から引っ張ったときにストッパーが筐体に引っかかって張力が内部の電気基板に伝わらないように設計すべきです。また、クッションですと、ケーブルの根本の取り付け部分は毎日使うたびに曲げられて断線しやすいため、曲げたときに弾性変形で元に戻すようにばねを入れるなどの対策をすべきです。が、こうした対策が入っていませんでした。クッションだとかならず、ベッドから落としたり引っ張ったりするので、断線対策は必須です。スマートフォンのケーブルも同じです。
上記の製品に買い替えたところ、このような問題は起きておらず、上記の製品をお勧めします。

ランキングにあまり上がらない?のは、なぜか

在宅ワーク用のおすすめグッズのランキングがテレビでもネットでもよく出ています。
大手家電量販店の売り場が紹介されて、チェアーや液晶ディスプレイが勧められることが多いと思います。

ところがこういった場面で、なぜか、クッションマッサージャーを見かけたことがほぼありません。

しかし実際は、リモートワークが進むと業務のアウトプットがより強く求められるようになるはずです。
リモートワークが続くと、運動が減って体の負担が増すと思います。
肩こりがひどいのであれば、積極的に休んだほうが生産性が上がるはずです!
社員がサボると思われるから紹介されないのでしょうか。在宅ワークのグッズでネット検索してもあまり出てこないようです。

まとめ

リモートワークの必須アイテム、クッションマッサージャーについてレポートしました。
プログラミングや資料作成などを長時間される方、リモートワークで肩こりが悪化したという方にはとくにお勧めです!

外部リンク
・ オムロンのクッションマッサージャー HTM-350BW

タイトルとURLをコピーしました