よく使う conda コマンドのまとめ 【仮想環境】

programming Python

conda での仮想環境の一覧表示から、設定、削除まで、よく使う conda のコマンドをまとめておきます。

以下の環境で動作確認をしています。
環境: Windows 10、Anaconda (conda 4.10.x)、Python 3.x

背景 ~ 仮想環境の活用

パソコンに Anaconda をインストールしておくと、Python、numpy、sckit-learn、Tensorflow などのソフトウェアのバージョンを変えて新たな環境を作りたくなったとき、簡単に環境構築ができ、とても便利です。
また、通常使用しているパソコン環境を極力汚さずに、環境を使いわけることが可能となります。

実際には、Anaconda Prompt を起動して、conda コマンドを使って環境構築を行います。
conda コマンドにより、簡単に、新たな仮想環境を作成、切り替え、削除することができます。
そこで、よく使う conda のコマンドについて一覧でまとめておきます。

よく使う conda コマンド一覧

よく使うコマンドはつぎのとおりです。通常の使用であれば、ほぼ、このコマンド一覧で足りると思います。

コマンド 説明
conda info -e
仮想環境の一覧表示
すでに設定されている仮想環境の一覧を表示する。
base 等の仮想環境の一覧が表示される。
conda/anaconda の環境確認を行う。
conda list


参考(番外):

pip list
パッケージ一覧の表示
現在の conda の仮想環境にインストールされているパッケージとそのバージョンをリスト表示する。
参考(番外):
なお、conda install ではなく pip でインストールしているパッケージを確認する場合は、”pip list”、”pip freeze” 等とする。環境によっては pip3 … とする。
個別のパッケージの詳細を表示する場合は、”pip show tensorflow” 等とする。
conda create -n [作成する新たな仮想環境] --clone [コピーする仮想環境]

例:

conda create -n env01 --clone base
仮想環境のコピー
すでに設定してある仮想環境をコピーして、新たな仮想環境を作る。

例:
仮想環境 [base] をコピーして、新たな仮想環境 [env01] を作成する。
conda create -n env01
仮想環境の新規作成
仮想環境 [env01] を新たに作る(何もパッケージは入れない)。
conda create -n env01 anaconda
Anaconda のパッケージを入れての仮想環境作成
Anaconda の標準パッケージ(だけ)を入れて、新たな仮想環境 [env01] を作る。
conda create -n env01 python=3.5
Python を入れての仮想環境の新規作成
python 3.5.X のパッケージ(だけ)を入れて、新たな仮想環境 [env01] を作る。
conda remove -n [削除する仮想環境] --all

例:

conda remove -n env01 --all
仮想環境の削除
指定した仮想環境を削除する。

例:
仮想環境 [env01] を削除する。
conda activate [有効にする仮想環境名]
conda info -e

例1:

conda activate env01

例2:

conda activate base
仮想環境のアクティベート
指定した仮想環境を有効に設定する。
有効となっている仮想環境を表示する(* マークで表示される)。

例1:
仮想環境 [env01] を有効にする。
例2:
仮想環境 [base] を有効にする。
conda deactivate [無効にする仮想環境名]

例:

conda deactivate env01
指定した仮想環境を無効にする。

例:
仮想環境 [env01] を無効にする。

conda update -n base conda
conda のアップデート
conda 自体をアップデートする。
conda --version

または

 conda info 
conda /Anaconda のバージョン確認
conda のバージョンを表示する。
詳細を表示する場合は、”conda info” とする。

仮想環境の活用ポイント

仮想環境(conda)を活用するにあたり、典型的な事例を書き出しておきます。
狙いを明確化しておくと、的確な判断につながります。

現在のパソコン環境を汚したくない

・ 現在のパソコンの環境が汚れないようにしたい。購入直後、設定直後のパソコンの状態をできるだけ維持したい。
・ ソフトウェアを際限なくインストールしていくと、環境が次第に重くなってシステムが不調になってしまう。システムが不安定になっていく問題を最小化したい。

簡単にテストしたい/簡単に捨てたい

・ 新たなソフトウェアを以前より気軽にインストール、テストできるようにしたい。
・ 新たなソフトウェアが、現在のハードウェア環境でも動くのかどうか確認したい。
・ 複数の環境を使う必要があるとき、複数のパソコンを使いたくない。
最小限のハードウェア(1台のパソコン)で間に合わせたい。
・ ソフトウェアをインストールしてシステムが不安定になったとき、他への影響は最小化したい。
・ ソフトウェアを気軽に試してみて、ダメだったときは簡単に、かつ、完全に削除したい。

バージョン管理を確実にしたい

・ インストールしたパッケージの管理を確実にしたい。バージョン管理をしたい。
・ 新たなパソコンに環境構築をするとき、できる限り同一の環境を構築できるようにしたい。
・ 機械学習の環境構築などで、バージョン設定の条件が厳しいとき、その環境を特別に設定、維持したい。
・ インストールマニュアルや仕様書等に記載されている環境、動作確認ができている環境を別途、構築したい。
・ システムの再設定に要する時間や手間、試行錯誤を最小化したい。

まとめ

conda でよく使うコマンド(仮想環境の環境確認/設定/削除、有効/無効の切り替え)についてまとめました。

他にも、Anaconda などで便利な使い方をまとめています。
もしも関心があるようでしたら、関連リンクなども参考にしてみてください。

関連リンク
・ Python, OpenCV, Tensorflow のバージョン確認方法
・ バッチファイルで Anaconda から Python を実行する方法 【Windows】
・ Git のインストール手順 【Windows】
・ Anaconda 環境で Pygame をインストールする手順【Python】
・ YOLOv5 のインストール手順 【Windows10 & Anaconda】
・ 仮想環境での OpenCV のインストール方法 & エラー時の対処方法 【Anaconda】
・ すでにインストールされているパッケージを確認する 【Linux】

外部リンク
・ Conda コマンド:https://www.python.jp/install/anaconda/conda.html

タイトルとURLをコピーしました